修理依頼が一番多いのがトイレつまりです

さいたま水道

トイレを詰まらせたときの対処方法

日頃からトイレを詰まらせないように気をつけていても詰まらせてしまう可能性はあります。もしものときのために、コンビニなど、近所に使えるトイレがあるかを確認しておくことも緊急時に役立てることが考えておきましょう。
一般的に水道修理のご依頼で多いのはトイレ詰まりだということは言うまでもありませんが、大量のトイレットペーパーや排泄物など普通に使っていて流すことのできるものが原因であれば自力で解決することも可能です。

その時に使うアイテムとしては、ラバーカップ(スッポン)を使うことが定番の手段ですが、水に流せないものが原因で便器を詰まらせてしまった場合には水に流せるものであっても未解決が困難な場合も少なくありません。少しでも異常を感じたら専門の修理業者に修理を依頼するなど適切な対処方法を見極めてから対処しましょう。それでも異常を感じていて治せないような場合には自力で直すことはやめましょう。無理に自分で対処しようとすると悪化してしまう恐れがあります。
悪化してしまった場合には、必要以上の修理費用や修理するための時間など余計にかかってしまうことも少なくありませんので注意が必要です。また、異物が原因として考えられない場合には、排水管の不具合によって流れなくなってしまってしまう可能性が考えられます。この場合にも個人で対処するには厳しいケースですので専門業者に相談することが望ましいでしょう。個人での対処が厳しいと判断した場合には、早めに専門業者に依頼することがおすすめとなります。
解決策の道案内

詰まったトイレの修理法

トイレが詰まってしまった場合、まずはトイレブラシを使って排水口をこすって、詰まりの原因となっているものを取り除いてみてください。それでも解消しない場合は、以下の方法を試してみてください。

ラバーカップを使用する方法
ラバーカップをトイレの排水口に当て、水を完全に覆うようにし、カップを上下に数回押し込んで、空気を抜きます。その後、力を入れながら一気に引き上げると、排水口の真下にある詰まりを取り除くことができます。
ホースを使用する方法
ホースをトイレの排水口に差し込み、水を流しながら押し込むことで、排水管内の詰まりを解消することができます。ただし、ホースを使う場合は、水圧を高くしすぎると、トイレの中に水が飛び散る可能性があるので、注意してください。
トイレのスネークを使用する方法
スネークは、トイレの排水口に挿入し、回転しながら進めていくことで、排水管内の詰まりを解消することができます。ただし、スネークを使う場合は、排水管を傷つけないように慎重に操作する必要があります。

これらの方法で解消しない場合は、専門家に相談することをおすすめします。また、トイレを詰まらせないようにするためには、定期的にトイレ掃除を行い、適切なもの以外を流さないように注意することが大切です。

悪臭が発生する確率
トイレの悪臭が発生する確率は、様々な要素によって異なります。以下に一般的な要素を挙げてみますが、具体的な確率を示すことはできません。

・使用頻度: トイレが頻繁に使用される場合は、悪臭が発生する可能性も高まります。特に多くの人が使用する共用トイレや、家族が多い場合などは、悪臭の発生確率が高くなることがあります。
・排水管の状態: トイレの排水管に汚れや詰まりがある場合、悪臭の発生確率が上がります。正常に流れない排水や詰まりによって汚水が滞留し、臭いの原因となることがあります。
・排気扇や換気設備: トイレに適切な換気設備が備わっている場合は、悪臭の発生確率が低くなる傾向があります。換気扇や窓を開けて通気を行うことで、悪臭を迅速に排出することができます。
・トイレの清掃状態: トイレの定期的な清掃や消臭対策が行われている場合は、悪臭の発生確率が低くなります。便器や床、壁などの清潔さを保つことで、悪臭の原因となる細菌や汚れを抑えることができます。
・使用方法: トイレの使用方法によっても悪臭の発生確率が変わります。適切なトイレの使用マナーや、便器内に臭いを抑えるための消臭剤の使用などが効果的です。

これらの要素を考慮しながら、トイレの悪臭を最小限に抑えることができます。定期的な清掃やメンテナンス、適切な使用方法を心掛けることで、快適で臭いのないトイレ環境を維持しましょう。


施工料金表


水道の総合サポート受付
copyright©2019 さいたま水道 all rights reserved.