早めの対処が必要で解決しておく

さいたま水道

給湯器からの水漏れを防ぐために

給湯器から水漏れが発生する原因として考えられる理由はいくつかあります。その中でもも可能性が比較的高いのがゴムパッキンや部品の経年劣化。あるいは、配管の凍結が影響下水漏れです。
ゴムパッキンは、消耗品ですから定期的に交換が必要になってくる部品で徐々に水漏れが激しくなることがあります。
他の部品も時間の経過でどんどん劣化してくるので、少しでも調子がおかしいと注意が必要となってきます。
10年以上経過したガス給湯器本体ですと交換部品がすでに生産中止となっていて販売されていない場合もあります。
生産中止とともに部品の製造もストップしてしまいますから部品在庫がなくなると不具合を起こした部品を交換することができないので給湯器自体の交換が必要となることがあります。
賃貸住宅であれば経年劣化による故障や水トラブルが発生した時には、建物を所有する所有者側で交換してもらえるのが一般的ですから水漏れなどが発生したらすぐに連絡をしましょう。
個人で勝手に給湯器の修理や交換をした場合には、費用を負担してもらえない可能性がありますので注意が必要です。
寒冷地で多いのが気温がマイナス以下になる日が増えてきて凍結してしまったり急に気温が下がり配管が凍結することもあります。
寒い地方に住んでいる場合や給湯器が外に設置されている場合には、配管に保温材が取り付けられていない場合に凍結が発生することがあるので事前対策が大切なこととなってきます。
寒い地方ではあらかじめ凍結対策が施されているケースが多いものの、全ての住宅で対策が行われているわけではありませんし、それほど雪が多くない地域であっても急激に気温がかなり低くなることがあり水道管が凍結してしまうことがあります。

例えば、数年前に発生した関東の爆弾低気圧によって大多数の住居で水道管が凍結し不具合を起こすといったことも発生していますので注意が必要です。
さらに、水道配管内に溜まっている水が氷ることで膨張するので破裂してしまうなどの大惨事になってしまうことがありますから、天気予報で気温が氷点下になると予想されていた場合などは、あらかじめ水抜きをしておく対策が必要となってきます。

解決策の道案内

給湯器の故障修理

給湯器の故障修理については、原因や具体的な症状によって異なります。一般的に、給湯器が故障した場合は、専門の業者に修理を依頼することが推奨されます。
修理にかかる費用は、修理内容や部品交換の必要性によって異なります。また、保証期間内であれば無償修理や部品交換が可能な場合もあります。
給湯器の故障を防ぐためには、定期的なメンテナンスや清掃が必要です。また、水道水の水質が悪い場合は、水質改善のための処置が必要です。給湯器の取扱説明書に記載されたメンテナンス方法や注意事項に従い、適切な取り扱いを心がけることが重要です。

どこに修理を依頼するか?
給湯器の故障修理を依頼する場合、製造元のメーカーに修理を依頼することもできます。また、一般的には、給湯器の専門業者に修理を依頼することが多いです。
インターネット検索などで、地域にある給湯器の修理業者を調べることができます。また、家電量販店やホームセンターなどで、修理業者の情報を提供している場合もあります。修理業者を選ぶ際には、信頼できる業者を選び、修理費用や保証内容について事前に確認することが大切です。

給湯器の交換時期
給湯器の交換時期は、機種やメーカーによって異なる場合があります。一般的な目安としては、以下のポイントを考慮することが重要です。

稼働年数: 給湯器の稼働年数は、交換時期の重要な要素です。一般的に、給湯器の寿命は10年から15年程度と言われています。ただし、適切なメンテナンスや使用状況によって寿命は変動するため、具体的な機器の状態を評価する必要があります。

故障やトラブルの頻度: 給湯器が故障やトラブルが多く発生している場合は、交換を検討する必要があります。修理費用が高額になったり、部品の入手が困難になったりする場合も交換を考えるべきです。

効率や節約性能の低下: 古い給湯器は、効率や節約性能が低くなる傾向があります。新しいモデルの給湯器は、より高い効率で燃料を使用し、エネルギーを節約することができます。給湯費の削減や環境への負荷軽減を考える場合は、交換を検討することが重要です。

安全性の向上: 古い給湯器は、安全性に関する最新の技術や機能が搭載されていない場合があります。新しい給湯器は、過熱防止装置やガス漏れ検知機能など、より高い安全性を備えています。家庭の安全を考慮すると、交換を検討することが重要です。

これらの要素を総合的に考えて、給湯器の交換時期を判断することが重要です。また、交換に際しては信頼性のある業者や専門家に相談し、適切なアドバイスを受けることもおすすめです。


施工料金表


水道の総合サポート受付
copyright©2019 さいたま水道 all rights reserved.