誤った節水対策について

さいたま水道

おすすめできない節水方法について


水道料金を削減することで考えるのがトイレで排水する水の量です。しかし、間違えた考え方で節水対策をするとトイレ詰まりを誘発させてしまうばかりか排水管設備に重大な悪影響を発生させてしまう原因となることがありますので十分に考慮した上で節水対策をする必要があります。
そこで、間違えた節水対策をしないように以下の注意点を掲載しておきます。

ペットボトルをタンクに沈めて水位調整をする
トイレの節水対策としてよく知られているのが、水を入れたペットボトルをタンク内に入れ沈める方法です。沈んだペットボトルの体積分だけ貯水する水量を減らすことができ、簡単に節水することができます。しかし、タンク内のメカ部品と接触したりすると便器に洗浄水が流れ続けて水が止まらなくなる不具合に発展することがあります。

洗浄水を毎回流さないようにしている
トイレを使っても小便なので洗浄水を流さなかったり流す回数を減らして節水することですがあまりおすすめできません。
悪臭が気になるのはもちろん、トイレットペーパーや排泄物の量によっては、完全に排水できないケースもあります。

小レバーのみしか使わない
洗浄水が流れる水量の多い大レバーを使わずに、小レバーのみを使う節水方法もおすすめできません。小レバーは大レバーよりも洗浄水量が少なく水の勢いが弱いから、排泄物やトイレットペーパーが適切に流れていかないで詰まる可能性があります。

ほとんどの人がやっていることだからと節水対策を試みてトイレ詰まりを誘発させてしまうようなことが少なくありません。水トラブルを発生させないためにも適切に使用することが明らかなコストダウンに繋がりますので十分に気をつけてご使用されることをおすすめしておきます。

基本案内


埼玉県内地域情報
中央地区
川口市 朝霞市 上尾市 鴻巣市 春日部市
戸田市 桶川市 北本市 蕨市
東北地区
草加市 加須市 久喜市 羽生市 幸手市
電話の相談無料
吉川市 行田市 深谷市 本庄市 熊谷市
越谷市 八潮市 蓮田市 白岡市 三郷市
西部地区
川越市 鶴ヶ島市 新座市 日高市 所沢市
緊急の修理
和光市 ふじみ野市 狭山市 入間市
志木市 坂戸市 東松山市 飯能市 富士見市

電話相談

解決策の道案内

施工料金表



水道の総合サポート受付
copyright©2019 さいたま水道 all rights reserved.