調べてから修理を始める

さいたま水道

スタッフ日記

学生時代に1人暮らしをしていた頃、住んでいたボロ家での話なのですが古い家だったので、様々な水まわりのトラブルが起きました。
その中でも最も苦労させられたのがトイレに関するトラブルでした。数十年前、その地域は、まだ完全な水洗便所が普及していなく浄化槽に溜めて定期的に汲み取りを依頼する築年数が古い孤立した建物でした。水道修理の経験もなにも判らない状態でしたので、トイレに関する知識も当然ながら何もなく実家でもトイレつまりなどの経験をしたことのない私に思ってもいなかった出来事が起こったのです。それは、トイレで流した水が引かなくなりました。慌てて、唯一の解決法に思えた、トイレつまり用の吸引カップをホームセンターに買いに走りました。その時は、吸引カップを使ってトイレつまりが解消したかに思えたのですが一時的なトイレつまりの解消でしかありませんでした。思い余って庭に出た私を待ち受けていたのは、マンホールからあふれ出た汚水とトイレットペーパーの水たまりができていました。
浄化槽への道筋を辿った私は、このトイレの致命的な弱点を発見しました。浄化槽が非常に遠すぎること。また、浄化槽までに行く間にコンクリート枡があり蓋を開けてみるとトイレットペーパーなどの固形物が詰まっていました。園芸用のスコップを使って見える範囲の固形物を取り去り、水が引くのを待って、水を流しては様子を見るという作業を繰り返しました。流しきれなかった紙が長い通路の途中で乾いて固まり。それが繰り返えされることで徐々に詰まっていったようでした。何度もトイレつまり用の吸引カップを使って何度もトイレと庭を往復してトイレ内の水がスムーズに流れるのを見た時の達成感は、今も忘れられません。

それ以降、定期的にコンクリート枡の蓋を持ち上げて様子を見るようにしたためトイレつまりが起きることがなくなりました。この経験は、私に自信をつけさせてくれました。今も大抵のことは自分で詰まりや蛇口の水漏れでパッキン交換などの水道修理を何とできるようになりました。

水トラブルを解決するにわ経験が重要

水トラブルを解決するためには、確かに経験が重要な要素の一つとなります。経験があると、同じようなトラブルに遭遇したことがあるため、迅速かつ正確に対処することができます。しかし、経験がなくても、正しい知識や技術、道具を持っていれば、問題を解決することができます。また、インターネットや専門書などから情報を収集し、学ぶこともできます。最終的には、プロの水道修理業者に依頼することも選択肢の一つです。

重要から実践へ
重要なことを実践するには、以下のステップが役立つかもしれません。
●目標を明確にする
何を達成したいのか、どのような目標を設定するのかを明確にします。例えば、家庭内の水トラブルを解決するために、どのような問題があるのかを明確にし、それに対する対策を考えます。
●調査を行う
問題の原因を調査し、解決策を見つけます。適切な手順を実行するために、正確な情報を集めることが重要です。
●アクションを起こす
目標を達成するための具体的な行動計画を作成し、アクションを起こします。水トラブルを解決する場合、DIYで修理するか、専門家に依頼するかを決定し、必要な手順を実行します。
●結果を測定する
実施したアクションの結果を測定し、必要に応じて修正を加えます。水トラブルが解決されたかどうかを確認し、必要ならば追加の対策を講じます。
●継続する
解決策が機能した場合でも、定期的なメンテナンスや予防対策が必要であることを忘れずに継続して行います。

これらのステップを念頭に置いて行動することで、水トラブルを解決し、将来的な問題を予防することができます。

思い込みで修理すると二次的な被害が起きることもある
思い込みや素人判断で水道修理を行うと、逆に二次的な被害を引き起こす可能性があります。水道システムは複雑な構造を持っており、専門的な知識や経験が必要な場合があります。以下に、思い込みで修理することが引き起こす可能性のある二次的な被害をいくつか挙げます:

●損傷の拡大: 正確な原因や状況を把握せずに修理を行うと、本来の問題を解決するどころか、損傷を拡大させる可能性があります。例えば、詰まりの原因が配管内にある場合、不適切な方法で詰まりを取ろうとすると配管を損傷させることがあります。
●水漏れや破損: 水道パイプや接続部分を間違った方法で修理しようとすると、水漏れや破損が発生する可能性があります。正確な知識と適切な工具を持たない場合、修理中に破損を引き起こすこともあります。
●健康への影響: 水道システムの不適切な修理により、水質や衛生状態に悪影響を及ぼすことがあります。例えば、排水管の不適切な修理によって生じる臭いや菌の発生は、健康に悪影響を与える可能性があります。
●追加の費用と時間: 思い込みで修理を試みて失敗した場合、修理のやり直しや専門業者の呼び出しによって追加の費用と時間がかかることがあります。修理の専門家に依頼する前に自己修理を試みることで、結果的にコストや時間が増える可能性があります。
このようなリスクを避けるためには、専門的な水道業者に修理を依頼することが重要です。彼らは適切な診断と修理手法を持ち、問題を的確に解決することができます。また、業者による修理作業は保証やアフターサポートも受けることができますので、安心感があります。


経年とともにお使いの蛇口やトイレなどの水道設備や給排水管やパイプなどの水まわりの水トラブルが起きてしまいます。そんな時は、水道修理は当社にご連絡下さい!当社は、水道修理に随時で水漏れ・詰まり・水道の凍結などの水道修理だけでなく小些細なことから大規模な水道配管工事もすべて昼夜対応で行うこともできます。また、部品や製品も各種メーカー取り揃えていますのでお客様のご希望に合致したご要望や高い機能と性能を備えた最新の設備にもお客様のニーズにあった製品のご提案で暮らしをお手伝いします。


水道の総合サポート受付
copyright©2019 さいたま水道 all rights reserved.