調べてから修理を始める

スタッフ日記

学生時代に1人暮らしをしていた頃、住んでいたボロ家での話なのですが古い家だったので、様々な水まわりのトラブルが起きました。
その中でも最も苦労させられたのがトイレに関するトラブルでした。数十年前、その地域は、まだ完全な水洗便所が普及していなく浄化槽に溜めて定期的に汲み取りを依頼する築年数が古い孤立した建物でした。水道修理の経験もなにも判らない状態でしたので、トイレに関する知識も当然ながら何もなく実家でもトイレつまりなどの経験をしたことのない私に思ってもいなかった出来事が起こったのです。それは、トイレで流した水が引かなくなりました。慌てて、唯一の解決法に思えた、トイレつまり用の吸引カップをホームセンターに買いに走りました。その時は、吸引カップを使ってトイレつまりが解消したかに思えたのですが一時的なトイレつまりの解消でしかありませんでした。思い余って庭に出た私を待ち受けていたのは、マンホールからあふれ出た汚水とトイレットペーパーの水たまりができていました。
浄化槽への道筋を辿った私は、このトイレの致命的な弱点を発見しました。浄化槽が非常に遠すぎること。また、浄化槽までに行く間にコンクリート枡があり蓋を開けてみるとトイレットペーパーなどの固形物が詰まっていました。園芸用のスコップを使って見える範囲の固形物を取り去り、水が引くのを待って、水を流しては様子を見るという作業を繰り返しました。流しきれなかった紙が長い通路の途中で乾いて固まり。それが繰り返えされることで徐々に詰まっていったようでした。何度もトイレつまり用の吸引カップを使って何度もトイレと庭を往復してトイレ内の水がスムーズに流れるのを見た時の達成感は、今も忘れられません。

それ以降、定期的にコンクリート枡の蓋を持ち上げて様子を見るようにしたためトイレつまりが起きることがなくなりました。この経験は、私に自信をつけさせてくれました。今も大抵のことは自分で詰まりや蛇口の水漏れでパッキン交換などの水道修理を何とできるようになりました。



総合サポート受付

春日部市の水道・水漏れの修理会社
copyright©2019 さいたま水道 all rights reserved.