水道管が凍結したら破裂することもある

さいたま水道

水道管・パイプの凍結について

関東圏でも水道凍結が起きるケースがあります。
北海道などの寒冷地と比較したら対処方法も知っている方も少なく放置していて水道管が破裂してしまうこともありますので注意が必要です。

水道が凍結した場合の対処方法
蛇口が凍ってしまった時には、蛇口にタオルを巻いて上からお湯をかけると凍結が解消するケースもあります。ですが、蛇口から水がでてこない時には、ほとんどのケースが水道管が凍結している事がほとんどです。

例えば、マンションやアパートの場合には、下階の部屋が空家だったり留守だったりして上階まで上水道がこないケースが少なくありません。こんな場合、下階に住居している方が帰宅してこないとかマンションを管理している管理会社に部屋のカギを開けてもらわない限り水道屋が水道修理にお伺いしても解決することができません。勝手に入室したら不法侵入になって逮捕されてしまいます。給水管の凍結のトラブルは気をつけていても避けられないケースもあるのです。こうならない為にも寒くなる前に水抜きを必ずしておくことが重要となってきますしマナー的にも心がけておきましょう。

ご加入している火災保険で凍結破損した水道管の修理に保険適用されることがあります。
火災保険には「破損・汚損補償」があります。火災保険の種類で少々異なる点がありますし別途オプション契約をすることで水道凍結にも滝用可能です。
保険会社によっては「水道管修理費用保険金」特約を付けていないと補償されないケースもありますので注意が必要ですが僅かな掛け金ですので是非加入しておくとよいでしょう。ご自身の契約されている火災保険で対応可能かを事前確認しておくことが大切ですが凍結破損した水道管からの漏水で住宅が被害を受けた場合に火災保険の「水濡れ損害補償」が補償の対象となることが確率的に高くあります。上階の水道管が凍結して漏水するリスクも想定して備えることも大切で、「破損・汚損補償」や「水濡れ損害補償」は火災保険の基本補償として最初から付随しているケースも多くなっています。しかし、保険金節約のために契約するプランを安くしてしまって契約していないこともありますので、必ずご自身の契約内容を確認することをオススメしておきます。
当社としては、上記保険のご加入を強く推奨しています。僅かな掛け金ですので火災保険見直しに際に加入するかをしてほしいです。


電話相談

水道凍結とわ

水道凍結とは、冬期などに気温が低くなり、水道管内の水が凍ってしまう現象です。水が凍ることで管内の水圧が上がり、管が破裂する危険性があります。また、水道管の凍結によって水が出なくなることもあります。
水道凍結の原因としては、気温の低下、水道管の断熱不良、水道管の老朽化、水道管が露出している場合などが挙げられます。
水道凍結を防ぐためには、断熱材を巻く、水道管を地中に埋める、水を流し続ける、水道管の修理などが挙げられます。また、凍結が起こってしまった場合には、専門業者に依頼して解凍作業を行う必要があります。解凍作業は自己判断で行うと、水道管を破損する可能性があるため、専門業者に依頼することが重要です。

外気温が急速に下がると凍結してしまう
外気温が急激に下がると水道管内の水が凍結してしまうことがあります。特に水道管が露出している場合や、断熱材が不十分な場合、水道管が風や寒風に晒される場合には、凍結のリスクが高くなります。凍結によって水道管が破裂する可能性もあるため、注意が必要です。特に、冬季には水道管の凍結に対する対策をしっかりと行うことが重要です。

マイナス何度で凍結するのか?
水道管が凍結する温度は、水道管の材質や厚み、地下の深さや地盤の種類、周囲の環境などによって異なります。一般的には、気温が摂氏0度以下で長時間続くと、地下水道管や水道メーターの水が凍結する可能性があります。具体的な温度は地域や気象条件によっても異なるため、注意が必要です。

水道管の解氷方法
水道管が凍結してしまった場合、以下の方法を試して解氷することができます。

保温する: 凍結した水道管を保温することで、凍結を解かすことができます。暖房機器やヒーター、ホットパッドなどを使用して、凍結箇所周辺を温めましょう。特に水道管が通っている壁や天井裏などの断熱が不十分な場所は注意が必要です。

温水を流す: 凍結箇所の近くに温水を供給することで、凍結を解かすことができます。温水をタオルで包んで凍結箇所に当てたり、湯たんぽを使用して管周辺を温めたりします。ただし、沸騰したお湯を直接注ぎ込むと急激な温度変化で水道管が破裂する危険性があるため、注意が必要です。

ドライヤーを使用する: ヘアドライヤーや温風機などを使って、凍結箇所を温風で加熱することも効果的です。ただし、電気製品を水に近づける際は十分な注意が必要です。

専用の解氷剤を使用する: 市販されている水道管の解氷剤を使用することで、凍結を解かすことができます。ただし、解氷剤の使用方法には注意が必要であり、使用上の指示に従って正しく使用するようにしてください。

重要な注意事項:
凍結した水道管に物理的な衝撃を与えたり、直接火を当てたりすることは避けてください。これは水道管を破損させる恐れがあります。
解氷作業中には安全に配慮し、電気製品や熱源の使用時には火災や感電の危険に十分注意してください。
解氷作業が難しい場合や、水道管の破損や漏水が発生している場合は、専門の水道業者に相談することをおすすめします。
凍結した水道管の解氷作業は慎重に行い、安全に注意して行ってください。

解決策の道案内
施工料金表


水道の総合サポート受付
copyright©2019 さいたま水道 all rights reserved.